歩けを科学する 一般社団法人 木谷ウオーキング研究所

研究所概要 メールでのお問い合わせ 03-5767-8831

キタさんのヤジ馬「日歩録」

ポールdeウオーク学校・大学・登校日

今日は今夏最高の暑さといわれる中で、6月18日から9月17日までが夏休みの大田区大森のポールdeウオーク学校・大学の8月の夏休み登校日。

7月は16日に大森平和の森公園でしたが、今回は水族館で名高いしながわ区民公園ということで、9時45分に京浜急行線・大森海岸駅に集合したのは、大学生8名(うち男性1名)、学生4名(全員女性)の12名。65歳から84歳までのシニアのやる気にまず圧倒されました。

冒頭、三原芳江指導員が、「皆さん、本当はこの時間は朝の散歩が終わってじっと家で静かにしている時間です。体は十分に温まっているので今日は久々の顔合わせを喜び、お昼を一緒に食べれることを楽しみにゆっくり歩きましょう。私も暑くてたまりません。」と、77歳の年齢ならではの親身な挨拶にみんな大笑い。アンカーの伊藤浩史指導員も、20人中12人も参加されて、「ポールを持つと日傘がさせないのが最大の難点」と嘆きながら、姿勢まっすぐ歩くみんなに脱帽してました。11時半にバスで大森駅に出て大きなお蕎麦屋さんで昼食会。29日にみんなで見に行く中央区の浜町で開かれる「完全復元伊能図全国巡回フロア展」が話題に、帰りは人形町に出て・・・と、こちらもり上がっていました。

[2014/08/20]