歩けを科学する 一般社団法人 木谷ウオーキング研究所

研究所概要 メールでのお問い合わせ 03-5767-8831

ニュース足報!

第10回ウオーキング研究会のご案内

第10回ウオ―キング研究会のご案内 

日 時:平成27年3月24日 (火) 14:00-17:00

場 所:東京・文京区 文京区民センター 3階33B会議室

〒113-0033 東京都文京区本郷4-15-14電話 03-3814-6731

 テーマ 「伊能忠敬の全国測量と北海道(間宮林蔵)そして沖縄(高原景宅)の測量ー」

講 師 星埜由尚先生(日本測量協会副会長)

安里 進先生(沖縄県立博物館・美術館館長)

伊能忠敬が全国を歩いて測量し、精巧な日本地図を作ったことは広く知られていますが、伊能忠敬から委託を受けて、北海道の測量を担当した間宮林蔵が実際にどのように測量をしたのか、また、伊能忠敬が測量を開始する前に沖縄(当時琉球国)ではすでに高原景宅によって素晴らしい地図が完成していたことはあまり知られていません。中国経由で当時のフランスの最新の測量術で測定された立派な《琉球國之図》ができていたことはあまり知られていません。

ボストンに本拠を置く尚財団の小川武理事長の承認のもとに、東京に秘蔵されてきた「琉球國之図」が先に琉球新報社の創立120周年記念事業として復元されました。そして来る2月27日〜3月1日に唐津市文化体育館で開催される「完全復元伊能図全国巡回フロア展」において特別展示されます。今後は、あの華岡青洲の全身麻酔も沖縄で先駆けて行われていたことと同様に沖縄の琉球時代の学術文化芸術への評価が高まることでしょう。

このたび、木谷ウオ-キング研究所では、その第10回記念ウオーキング研究会として、伊能忠敬研究会の前代表理事であられた星埜由尚・日本測量協会副会長から伊能忠敬と間宮林蔵の測量と地図づくりのお話をお聞きし、沖縄の高原景宅の地図についてはその権威であられる安里進・沖縄県立博物館・美術館館長をお迎えしてお話いただけることとなりました。

日本地図がこの3人によってどのようにつくられたのか。どうか楽しみにご来聴いただければ幸いです。

参加費 1000円(資料代。当日ご持参ください)

[交通案内] JR総武線「水道橋」駅東口徒歩10分/都営地下鉄三田線及び大江戸線「春日駅」A2出口0分/地下鉄丸ノ内線「後楽園」駅4B出口5分/地下鉄南北線「後楽園」駅6出口5分

◎恐縮ですが、ご出席頂ける方は、下記にご記入の上、この用紙のままFAX:03-6699-9742へ月20日までにご連絡ください。

 

参 加 申 込 書

 

第10回研究会に出席いたします。(  名)

 

住所 〒                    電話

 

所属

 

氏名              Mail:

 

連絡先

一般社団法人木谷ウオーキング研究所

〒113-0033 東京文京区本郷1-20-7安藤ビル  TEL:03-3818-3545  FAX:03-6699-9742

携帯☎ 080-5895-3960

E-mail: kitani-walk@tbz.t-com.ne.jp

http://kitani-walking.com/

[2015/02/20]